遺産の相続はプロの弁護士に依頼しましょう

メンズ
ハート

円滑に進めるためには

不倫で離婚をしようとするときは、まずは証拠集めをし、不倫が確定した場合は慰謝料や養育費などを決めていきます。これらは離婚しようとする双方が基本話し合いで解決をしていくため、協議離婚通知書で諸条件をまとめておくと話し合いがスムーズに進むでしょう。

財産分割と専門家

弁護士バッジ

人が亡くなった場合には、多かれ少なかれ相続人もしくは遺族の中でいくつかの相談が必要となります。当然葬儀を執り行う際にもさまざまな相談が生じると思います。それ以外にも主に相続人同士で相談すべきこととして財産分割があります。遺産分割とは、亡くなった人が保有していた財産や債務をいかにして分けるかを決めることです。こと相続の場面で残された遺族の中で争いが生じやすいのが遺産分割です。特に気を付けるべき点として財産が多い少ないに関わらず遺産分割で争いが生じているという点です。むしろ財産が少ない方が争いが生じているというデ−タも出ています。では遺産分割で争いが生じた場合には頼るべき専門家は誰なのかというと、それは弁護士です。弁護士は法律のスペシャリストとして非常に難易度の高い国家試験を経て免許が与えられる資格です。遺産分割の調停や争いをおさめるために遺産分割案を提案したりするのは弁護士資格を持つ人しか行うことができません。また弁護士に依頼してもなお争いが収まらない場合には、裁判や家庭裁判所の調停によって相続人の間の着地点を探ったり裁判所の判断に従うことになります。その際に頼るべき専門家もやはり弁護士です。したがって費用の面を別にすれば争いがあった時点で弁護士に依頼することによって後々の争いをより円滑に進めることができます。また専門家同士で連携してる事務所も多くあるためその後の相続税申告などの際も専門家とつながりやすいという面もあります。

ヒビが入ったハート

離婚を考えるその前に

配偶者の浮気などで夫婦関係が悪化した場合は、まず離婚に強い弁護士に相談しましょう。その場合、何が発端なのか、そして、どのような行動を起こそうとしているのかなどをきちんと伝えるようにします。このような場合は、弁護士から相手に話をしてくれ、その結果、離婚をせずに夫婦関係が修復されることもあります。

男性女性

円滑な会社の終わり方

事業が立ちいかなくなった場合は会社清算をすることになります。会社の資産と負債を整理することになり、利害関係者と交渉する必要が生まれます。法律の専門家である弁護士に立ち会ってもらうと大きなトラブルに発展する可能性が低くなります。