遺産の相続はプロの弁護士に依頼しましょう

男性と女性

円滑な会社の終わり方

男性女性

利害関係者との交渉

始まりがあれば終わりがあるのが会社という組織です。残念ながら経営がうまくいかず、事業を継続することが困難になってしまった場合は取引を停止して、会社清算手続きをすることになります。該当する法人が株式会社の場合は、まず株主総会で会社清算を行う意思を決議します。会社の重要な方針を決める決議であり、特別決議と言われています。議決権の過半数を有する株主の出席と、出席した株主の3分の2以上の賛成が必要です。株主総会で会社清算の意向が可決されたら、法人が所有していた資産、負債の整理に着手していくことになります。ここで問題になるのが株主以外のステークホルダーの存在です。なかでも会社を運営していく上で取引関係を構築してきた会社、従業員は金銭的なつながりが強く、売掛金、未払いの給与の支払いを求めてくることが予想されます。そこで頼りにされるのが弁護士です。弁護士は法律に則り、公平な立場でアドバイスを行います。会社清算をする法人はほとんどの場合、債権者からの支払要求の全てに応える力を残していません。法律の専門家でない限り、法的な観点からどこまで要求に応じるべきなのか判断し、相手と交渉していくのは難しいのです。負債額が大きくなると損失を被る関係先の負担も大きくなります。弁護士が間に入ることで交渉がまとまりやすくなります。費用も時間もかかる訴訟に発展することなく、より円滑に会社清算を進めることができるのです。