遺産の相続はプロの弁護士に依頼しましょう

男性と女性

離婚を考えるその前に

ヒビが入ったハート

弁護士に相談しましょう

夫婦関係がうまく行かず、離婚を考えている時は、まず弁護士に相談してみましょう。なぜかといいますと、相談することで、夫婦関係を修復できることがあるからです。特に相手が不倫をしていて、その慰謝料を請求しようと考えている場合、別居に踏み切ろうとしているので、その見返りに財産を譲渡してほしい場合などは、まず事務所を訪ねるか、法テラスに行って相談してみることで、弁護士が夫婦関係を修復してくれ、離婚にならずにすむケースもあります。また第三者に頼むことで、感情的にならず冷静に対応してもらえます。この場合はまず、何が原因であるのか、いつから離婚を考えるようになったのか、もし別居を考えていて、その見返りを相手に求めている場合は、どのような形で求めているのかなどをメモして持って行きましょう。そしてこの場合は、必ず離婚に強い弁護士事務所に行くようにしましょう。離婚に強い弁護士であれば、夫婦関係にどのように立ち入り、どうやって修復させるのかを心得ている人が多いからです。これらの手続きを行うことで、弁護士から相手に、配偶者が離婚の意志があることを伝えてくれ、その際の財産分与のことなども話をしてもらえます。弁護士が介入してくることで、相手の気持ちも変わり、夫婦関係修復に動くというケースもあります。夫婦関係がこじれたからといって、即離婚に踏み切るのではなく、まず事実関係を弁護士に話したうえで介入してもらうと、元の鞘に収まる可能性も高いので、こういう時には積極的に弁護士に依頼しましょう。